こんにちは!お久しぶりです!自転車世界一周から離れていたせんまるです!2019年8月から南アフリカ~香港まで走ります!

 

お金が無くなって一時帰国となった旅から3年ぶりの再スタートです。これまでに北アメリカ大陸、南米大陸、欧州を走りましたが、今回はまだ未達成のアフリカ大陸、ユーラシア大陸を走ります。前回の旅とほぼ同じ2年間で約4万キロの道のりです。ツイッターでも1万いいね以上いただきました。ありがとうございます。

 

 

今回の旅では、特にアフリカ縦断という高いハードルがあります。野生動物をはじめ、マラリアやデング熱などの病気、食事や水などの衛生状況、凶悪事件が発生する良いとは言えない治安。まだ訪れたことのない大陸ですが、ネット上の情報や旅人の口コミなどからも、これまで自転車で走ってきた所よりも危険な場所です。

 

下記は僕が走るアフリカ縦断のルートです。マラリアに重点を置いたルートです。詳細はこちらから

 

 

南アフリカ:約665km(約9日)ケープタウン~ナミビア国境
ナミビア:約2031km(約27日)ナミビア国境~ザンビア国境
ザンビア:約1703km(約22日)ザンビア国境~タンザニア国境
タンザニア:約1230km(約16日)タンザニア国境~ケニア国境
ケニア:約931km(約12日)ケニア国境~エチオピア国境
エチオピア:約1616km(約21日)エチオピア国境~スーダン国境
スーダン:約1581km(約21日)スーダン国境~エジプト国境
エジプト:約1161km(約15日)エジプト国境~カイロ
合計:約10918km 約143日(5ヵ月)ケープタウン~カイロ

 

 

このルートにした理由は、マラリアを避けるためです。マラリアは蚊によって引き起こされる病気です。蚊が少ない標高1000m以上の地域を多く入れています。そして蚊の発生しやすい湖や池の近くを通らないルートです。ただ、このルートでも雨が降ったりすると、水たまりなどに蚊が発生しやすくなるので、常に注意をしなければなりません。

 

マラリアは一度かかると、後遺症が残る可能性のある病気です。予防薬としてはDEET虫よけクリーム、鬱っぽくなりやすくなる副作用のあるメファキンという予防薬を一周間に一回飲むか、高価なマラロンを滞在中に毎日飲むか、詳しくはお近くの病院で確認ください。

 

 

マラリア以外にも食べ物や飲み水から感染する、腸チフス、赤痢、A型肺炎、コレラ、アメーバ赤痢、サルモネラなど、アフリカでは熱を伴う様々な病気が多いです。僕も万が一、熱が出たら病院にいきます。一度の診察だとマラリアが発見されないケースもあるので、熱が出ていたら必ず二つ以上の病院にいく予定です。

 

世界的に有名なビル&メリンダゲイツ財団が、人を殺す生物をまとめています。
1位:蚊
2位:人間
3位:ヘビ
4位:犬(狂犬病)
5位:ツエツエバエ(眠り病)、
6位:サシガメ
7位:貝
8位:回虫
9位:サナダムシ
10位:ワニ
11位:カバ
12位:象
13位:ライオン
14位:狼
15位:サメ

 

アフリカの野生動物たちは、人間のいる町や道路には、警戒心から近寄ってこないそうですが、まれに出没することがあるそうです。自転車で走っていると遭遇することもあるかもしれません。できるだけ見通しの良い昼間に走って、夜行性の動物や蚊を避けるために、夕方までには寝床(野宿かホテル)を探す予定です。

 

 

色々なことがあるでしょうが、アフリカ大陸を走り終えたら、つづいてユーラシア大陸を走ります。まだ正確な道筋は決まってません。イギリス(ロンドン)~香港へと走ります。

 

まずはアフリカ大陸。

 

あと、実は今、世界一周へ向けて日本縦断しています。

 

 

 

冬の北海道を走ったり、雪の積もった八甲田山を走ったり、このまま沖縄へ向かって走ってます。俗にいう自転車日本縦断です。現在地は東京です。東京に到着した時も生放送しました。芸能人の日出郎さんが生放送に登場し、バズってコメントを全部読めなくてすみません。これも皆様の応援のおかげです。ありがとうございます。今後も気を付けて走り切ります。その時の動画はこちらです。

 

また長い旅になりますが、活動を再開します。今後ともよろしくお願い致します。

著者からのお願い

世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。

こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう