世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。





ハラレ村まで98km

ハラレ村まで98km

人が踊ってる標識だろうか

人が踊ってる標識だろうか

 

予想だにしない事が起きた。信じられなかったが今日で計3回も経験した

 

この日はハラレ村まで98km走る予定だった。上の写真に映っている標識はアフリカではよく見る。たぶん踊っている人を描いたモノで、「この先に村があるから歩行者に注意」という意味だろう。

 

 

エチオピアの首都まで残り532km。到着まで6日間ほどは要すると思うが、だんだんと近くなってきた。

 

道路脇によく咲いている植物の写真を撮った。名前すら知らなかったが、ツイッターに投稿すると、この植物の名前を教えてくれた人がいた。ありがたい。Senna didymobotryaという名前でマメ科の植物だそうだ。黄色の花が綺麗だった。

 

 

 

昼頃、お腹が減っていたので、小さな村の売店でビスケットを購入。気軽にお腹を満たす物として、アフリカの小さな売店にはパンすら置いてない事が多く、ビスケットの方が入手しやすい。

 

レモン味とコーヒー味のビスケットをそれぞれ2個買った。値段は70円。どちらも素朴な味で美味しかった。走りながら全部食べきった。

 

 

 

首都までは490km。この辺りから傾斜のある登り坂が続いた。道路脇で出逢う人々は僕の様子を見て、イイねポーズしてくれたり、時には「大丈夫か?何か手伝えることはないか?」と声を掛けてくる者もいた。

 

僕は休憩をこまめに取りながら坂道を登っていた。夕方頃になると道路脇で子供達が楽しそうに遊んでいるのを頻繁に見た。そのうちの何人かが自転車で僕を追走してきたり、走って追いかけてくる。

 

そして僕が坂道を登っていると、自転車を押してくれる子供達もいた。前情報ではエチオピアの子供達は石を投げながら物乞いすると聞いていたので、予想外なことに驚きながら何度もありがとうと感謝を伝えた。この日は計3回、自転車を押してくれる子供のグループに出会った。

 

 

 

南米のアンデス山脈を彷彿とさせる厳しい道だったが、なんとかハラレに到着。時刻は18時頃。写真に映っている塔はイスラム教のモスク。

 

結構大きめの町だが、GoogleMap上には評判の良い宿は無かった。

 

 

宿選びに悩んだが、Hooteela Tsahay Horaa(地図)1泊860円。町の人に聞いたところ、「ここは良い宿だよ」とオススメされた。

 

電気はあるが水が出なかった。シャワーを浴びたいのだが……。まあ朝まで待てば水が出るかもと思った。*結局朝になっても水は出なかった。。

 

 

初心を忘れず。

シロと呼ばれる豆を煮て潰したモノとインジェラ

野菜パスタとインジェラ

シロと呼ばれる豆を煮て潰したモノとインジェラ。

 

初心を忘れず部屋にテントを張った。信頼している旅人の先輩からエチオピアは本当に南京虫が多いから注意してと再度警告された。

 

夕食は宿の一階にあるレストランで、野菜パスタとインジェラ、シロと呼ばれる豆を煮て潰したモノとインジェラを食べた。インジェラが更に酸っぱかったが、焼き立てほど、酸っぱさが増すのだろう。シロは味が少ないのでなんとも表現できないが、インジェラに合う。野菜パスタは普通に美味しかった。ニンニクと塩で味付けされていた。全部でかなりのボリュームを食べた。

 

明日はDilla町(地図)まで110km走りたい。




世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。

コメントを残す

著者からのお願い

世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。