世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。





郊外にある本格的なサファリへと向かった。

 

予約しておいたマサイマラ国立保護区にあるキャンプ場へは260km。今いる首都ナイロビから車でおよそ5時間の所だ。11時に僕らが泊まったホテルにキャンプ場からの迎えの車がやってきた。迎えの車に荷物を積み込みマサイマラへと向かった。他にお客のいないプライベート車で、事前に宿から伝えられていた通り値段は片道16000円だった。

 

ナイロビからキャンプ場への地図

ナイロビからキャンプ場への地図

プライベート車

プライベート車の中

途中の山で休憩

途中の山で休憩

 

天候が悪く雨が降っていたが次第に回復してきた。

 

そして道の途中でマサイ族の村ベイキタブ(地図)へと立ち寄った。

 

マサイ族の村

マサイ族の村

マサイ族の村の民家

マサイ族の村の民家

 

家の材料は土・ワラ・牛の糞を固めたモノ。

 

家作りは結婚してすぐの女性の仕事で作成にはおよそ6か月ほど掛かるそう。そして男性は外へ出て牛など家畜の世話をするのが仕事で、成人になる儀式としてライオンを1頭殺すこともあるそうだ。

 

火起こしをするマサイ

火起こしをするマサイ

火起こしをするマサイ②

火起こしをするマサイ②

火起こしをするマサイ③

火起こしをするマサイ③

 

火を起こそうとするマサイ族。

 

食事は主に肉で牛・鳥・羊・ヤギといった動物。珍しいのは牛の血を飲む事と野菜を一切食べない事。ごく稀に子供にはフルーツを食べさせるらしい。そしてマサイ族の家の中は電気が来ていない。子牛は大きくなるまで部屋で飼うそうだ。僕は自転車で走っている時にマサイ族と会っていたこともあって、妻に行ってもらった。

 

マサイマラ国立公園の看板

 

マサイ族の村から出てしばらく走るとマサイマラ国立保護区へのゲートに着いた。数人の軍人さんがゲート前を厳重に警備していたのでゲートの写真は撮れなかった。ここから先は危険な野生動物が数多く生息している。

 

…ここでトラブルが発生した。なんとここから先はプライベート車では進めないとのこと。どうやら雨で道路状況が悪く乗用車では不可能だと判断されたらしい。プライベート車の運転手が困った顔をしながら、僕らが予約しているキャンプ場へと電話連絡した。…結局2時間くらい待っていた。本来ならもう到着している頃だろう。…辺りが暗くなり始めた頃、マサイ族が運転する大きなサファリカーがやってきた。予約しているキャンプ場からのお迎えのサファリカーのようだ。

 

マサイマラ国立公園のゲート

マサイマラ国立公園のゲート

ここまで送ってくれたプライベート車

ここまで送ってくれたプライベート車

 

プライベート車からサファリカーへと荷物を移動させ乗り換えた。あとで気付いたがプライベート車は黄色ナンバーだった。もしかすると軽自動車だったから入れなかったのかもしれない。

 

ゲートを潜りマサイマラ国立公園に入ると…間もなく動物達が迎えてくれた。ただキャンプ場へ向かうだけだが、動物がいるかもしれないという期待感で落ち着けなかった。マサイ族が運転するサファリカーに揺られながら沼のような道を進んだ。

 

マサイ族の運転するサファリカー

マサイ族の運転するサファリカー

ゾウ達

 

入ってすぐ親子連れのゾウがいた。小さな子供のゾウが横になっている。マサイマラに入って一番最初に見た動物だ。

 

次は何が見れるのかと期待感で一杯だった。

 

アンテロープの仲間ガゼル

幼いガゼル

 

アンテロープの仲間グランドガゼルの親子だろうか。子供がこんなに近くで見れるのは珍しいらしい。

 

…と次の瞬間。大きなバッファローの死体が道路に転がっていた。「ライオンが殺した。」と運転手がそう言って車を止めた。

 

殺されたバッファロー

殺されたバッファロー

 

僕はカメラでバッファローの写真を撮ろうとカメラを出した。あれ?何かが草むらにいる……次の瞬間、僕は恐怖で固まった。

 

なんとライオンが草むらの中にいるではないか。辺りは薄暗くなっていたが、かろうじて見えた。捕食後でお腹一杯なのだろうか。僕らの車の横で堂々と座っているライオンの雄。サファリカーの車には窓が付いていないので、もしもライオンが飛び掛かってきたら恐ろしいことになる。

 

ライオン

殺されたバッファローと横たわるライオン

殺されたバッファローと横たわるライオン

 

絶好のシャッターチャンスにカメラで撮影しようとしていると、ライオンが横になってしまった。

 

短い時間だったが何枚か写真に収めることができた。Goproカメラでは暗くて映らなかった。新しく買ったカメラも使い慣れていないのでモタついた。

 

ながら運転するマサイ族

ながら運転するマサイ族

 

スマホしながら運転するマサイ族。貴重な写真。

 

他にもアンテロープやキリン。その後、完全に真っ暗になってから、1頭で散歩する大きなゾウ、ハイエナやジャッカル達を見た。残念ながら暗くなってしまい写真は撮れなかったが…。

 

草原を走るアンテロープたち

草原を走るアンテロープたち

砂の道

砂の道

 

…そして再び雄ライオンが現れた。

 

道路に横たわりながら、こちらに向かって「ガオオオ!!!!」と何度も吠えている。車のすぐ横だ。そして雄ライオンの後方に、他のライオンもいるのか草むらから複数の鳴き声が聞こえてくる。これには恐怖感を感じて僕も運転手に向かって「デンジャラス!!」と大きな声を出してしまった。特に妻がいる側にライオンが現れたので心配だったが、僕の心配をよそに彼女は楽しそうだった。すっかり暗くなってしまって写真には撮れなかった。残念に思った。あとから聞いた話だが、このサファリには200頭しかライオンがいないそうだ。なので既に2匹も見てしまうのは非常に珍しいとのこと。

 

キャンプ場に到着

キャンプ場に到着

 

よる9時過ぎにキャンプ場Talek Bush Camp(地図)に着いた。

 

草原からジャングルのような場所を走ってきてスリルある冒険感に溢れた道のりだった。Booking.comでも9.2点とかなりの高評価のキャンプ場。年末はゲームドライブ込みの価格で1万5000円~2万円。他のキャンプ場に比べ安価でサファリを楽しめるのが魅力。朝食昼食夕食付き。WIFIも安定して速い。

 

大きなテント

大きなテント

テントの中

テントの中

チキンカレーにパンとトマトスープ

チキンカレーにパンとトマトスープ

 

夕食はチキンカレーにパンとトマトスープ。美味しかった。お湯はぬるいがアフリカでは良い方のシャワー。蚊帳が頑丈なので虫は入ってこないだろう。目の前に川があってカバが泳いでいるという、なんとも素晴らしいロケーション。野生動物の鳴き声があちらこちらから聞こえてくる。

 

年末年始はここで過ごします。明日から始まるゲームサファリが非常に楽しみです。日中にライオンの写真が撮れると良いのですが…どうなるか。




世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。

コメントを残す

著者からのお願い

世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。