めずらしく恋愛について書く。
もし僕がまた恋愛をしたい時に、この記事を見て冷静になりたいからここに書く。

 

 

ここに書いてある事は嘘ひとつ無い。

 

あったことを淡々と書く。

 

実は、旅の中で出会った女性と少しの間だけ恋仲になった。

 

恋は衝動と言う人もいる。出会った瞬間から気持ちを抑えきれなくなった。

 

彼女は旅人、僕は自転車乗り、旅の行先も旅の期間も違う。

 

共通理解として、しばらく会えなくなる事は分かっていた。

 

あっという間に2週間という時間が過ぎて、別れの日が来た。

 

空港で彼女を送り出す。

 

彼女は思いを堪えきれなかったのか、泣き出してしまった。

 

それでも、これで最後だという気持ちで送り出した。

 

彼女も最後だと分かっていたはずだ。

 

もう会う事は無いだろう…。

 

彼女に対しての思いが少ないわけではないが、迷いのない気持ちだった。

 

僕にとって一番の目標、それは自転車世界一周をしながら、旅の様子を生中継する事。

 

この旅を始める準備に3年間、女性との関係はあったが彼女という存在を作る事もなかった。

 

準備をしている間もこれから始まる長い旅に目を向けていた。

 

彼女と別れてから再び走り始めた…。

 

しばらくして彼女から連絡が来た。

 

忘れられないから電話したいと…。

 

嫌いではなかったから、嬉しかった。

 

僕も彼女の事は忘れていない。

 

なんなら走っている時に、思い出す。

 

電話で話してみると、やっぱり懐かしく…

 

カワイイなと感じてしまう。

 

「つき合ってほしい…」

 

旅の準備期間にも女性との関係はそれなりにあったが、

 

やはりしばらく会えなくなるのが難しいと感じている事が多かった。

 

女性からなかなか言ってもらえなかった言葉。

 

その時の彼女の気持ちはわからないけど、

 

女性らしく感情で動いているんだなと感じた。

 

それとも、もしかしたら僕の旅を応援してくれて、長い目で見てくれているのかなとも感じた。

 

それが嬉しくて、付き合う事にした。

 

付き合うといっても、電話とメッセージのみの付き合いだった。

 

好きな気持ちをあらゆる形で伝えていたつもりだったが、たまにヒドイ事を彼女に言ってしまった。

 

「旅が長いから、もし好きな人ができたら、そっちにいった方が良いよ」とか

 

「結婚願望はあるけども、日本まで走り切るまで旅はやめられない」とか

 

「誰か別の人と結婚しても、素直に祝えるよ」とか…

 

僕の放った言葉は、彼女自身の幸せを思うところからは、正しかったかもしれないが…

 

彼女にしてみれば、あまりにも現実的で…夢がなかった言葉。

 

それに僕は連絡無精だったりと彼女を寂しい気持ちにさせてしまった。

 

付き合っても、彼女を苦しめたり、不安にさせてしまっていたと思う。

 

本当に申し訳ない事をした。

 

 

それでも彼女に受け入れられていたのか、彼女彼氏の電話が続くうち、

 

僕はようやく彼女との結婚を考えたお付き合いをしたいと考えるようになった。

 

「ペルーのリマに日本人宿があるから、そこに自転車を置いて会いに行くよ。」

 

僕たちはコロンビアで再び会う約束をした。

 

彼女も会える事をすごく喜んでくれていたように思う。

 


 

…コロンビアへ

 

航空会社ビバコロンビアの飛行機に乗る。

 

客席の上から煙がでる。

 

何故なるか分からないが、南米の飛行機ではよく見る現象。

 


 

結婚…自分には到底考えてはいけなかった事なのかもしれない。

 

久々のデートでタイミング良く彼女と手を繋ごうとしたが…

 

手を繋ぐこと事も拒否されてしまった。

 

いつの間にか僕への気持ちは無くなっていたのかもしれない。

 

久々の初日デートがこんなふうになってしまい、「そんな事なら、誰にも言わずに、すぐにペルーに帰る」と彼女に伝えた。

 

彼女に「それはやめて。見送りはしたい」と言われてしまい悩んだ。

 

僕にとって彼女はやはり好きな人で…結局、「コロンビアにいる間はデートしたい」と伝えてしまった…。

 

悩んだ…でもせっかくコロンビアにきているのだから…。もしかしたら前のように戻れるかもしれないと…

 

その後、数日間だけ彼女とデートをして、夜は大きめの部屋で一人でグッタリしていた。

 

こんな事を想像してもいなかった。

 

コロンビアに来る前は、ほぼ毎日いつもの楽しい彼女彼氏の連絡を取っていた。

 

楽しい日々になるとしか考えていなかった。

 

僕にとっては、あまりにも突然の事で、自分の気持ちを整理するのに追いついていけなかった。

 

やはり寂しくさせていたんだろう…。

 

彼女の心変わりに気付けていなかった。

 


 

ペルーに帰ってから…

 

何も考える事ができなくて…、何もできなくて…、

 

立ち直るのに、少し時間が掛かってしまった。

 

ブログを書こうとするが、涙が自然と出てくる状態だった。

 

それでも、なんとかブログをたくさん書いた。

 

今は楽にブログを書けるが、この恋愛の事について書こうとすると、

 

あっという間に悩んでばかりである。

 


 

彼女には、元気で幸せに生きていてほしい。

 

もう一度書く。

 

もし僕がまた恋愛をしたい時に、この記事を見て冷静になりたいからここに書く。

 

自分の悪い点
■連絡無精

 

もうそんな機会はないかもしれないが、次に好きになった人には、

 

自分自身の悪い点を少しでも克服して、たくさん愛してあげたい。

 

旅の中だけど、もっと様々な歩み方があったようにも感じる。

 

例えば、

 

一緒に自転車で世界一周を目指すとか…

 

今日はその村まで走るから、その村の宿で待っててとか…

 

…それか1週間でプロポーズまでもってくとか(笑)

 

僕の中で限界を作っていたのかもしれない。

 

恋愛に関しても、もっと自由でありたい。

 

これから極寒の地ウシュアイアに向かう事になるが、その前にまとめておきたかった。

 

今の気持ちを忘れる前に記事にしました!

 

今日もポチお願いします!
↓↓↓↓何でもしますから!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1位獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

ニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してます!

著者からのお願い

世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。

こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう