青くて美しい!大理石の洞窟「マーブルカテドラル」へ。


青いです。なんですかこの洞窟。ちょっとした怖さを感じるくらい真っ青。
神秘的で大理石が光っているようにも見えます。
ここはマーブルカテドラルと言われます。自然が造り出した大理石の大聖堂です。
このパタゴニアで一番美しい景色とされる人気スポットです。

野宿した場所から自転車で50kmほどプエルトトランキーロ町まで走り、その日のうちに船で観光しました。大忙しのスケジュールでした。詳しいルートはこちら。


行き方はプエルトトランキーロ町に沢山あるツアー会社の窓口からツアーを申し込みます。値段は5000~6000円です。雨で天気が悪かった事もあり乗客は僕だけでした。

この辺りは日没が遅く23:00あたりまで明るいです。ちょっと遅くなってしまったかなと思いつつ18:00にツアーを申し込んでも、当日にツアーを組んでもらえました。
収まり切らないのでマーブルカテドラルについては、次の記事に書きます。

やっぱり湖の周りの道は激坂ばかり!


テントが飛ばされそうです。朝も風が強いです。
風雨の音が煩くて眠気が残る朝でした。

アスファルトのない道を50km。いつも通りアップダウンの多い厳しい道でした。詳しいルートはこちら。

牛の群れです。昨日も同じような事がありました。

雨が降ったり止んだりを繰り返します。
大きな木が生えた林です。この辺りでは珍しいです。

自転車を漕ぐのをやめて耳を傾けると、鳥のさえずりが聞こえて心地よいです。

湖の周りの激坂を何本か越えると、プエルトトランキーロ町に到着。

この町の宿には宿泊できませんでした。全部の宿に行きましたが、どこも満室と言われ断られました。
途方に暮れているとフランス人の女性が自転車旅に興味をもって話しかけてくださいました。二人で宿に入ろうとすると、フランス人の女性はOKを貰えましたが僕は拒否されました。フランスの女性は不思議そうに「なんでなの?」という顔になりました。
僕はそういう事なんだと理解して、「ありがとう」とだけ宿のオーナーに言って外に出ました。コジャイケ町以降そういう事がよくあります。
今日はバッテリーを充電する必要があって、宿に宿泊する必要がありました。野宿になってはダメな状況でした。
有難い事に、1件だけ部屋は貸さないけど「この小屋なら使っていいよ」と言ってくださる宿がありました。

電気も通っていてバッテリーが充電できました。ホットシャワーもついています。助かりました。
なんと宿探しに2時間以上かかってしまい大変な思いでした。
荷物を置いてからマーブルカテドラルに観光しにいきました。


↓↓↓↓今日もポチ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1位を獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

ニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してるよー!
気軽にコメントしてねー!


 

6 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    世界中から生放送するニート。 アメリカ大陸、南米大陸、欧州を自転車で走破。 2019年8月から南アフリカ~香港まで旅します。 YouTube/ニコ生/ブログ