世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。





タンザニアまでの地図

タンザニアまでの地図

 

ビザも残り5日となった。急いでタンザニアへと入国しなければならない。

 

今いるムピカからタンザニアまで380km。今までのペースで走ればおそらく4日あれば着けるだろうが、小雨期と呼ばれる雨の多い時期に入ってしまい連日苦戦している。今日も晴れれば良いのだが。朝方に天気予報を見るとやはり雨の予報だった。

 

泊まった宿から出発

泊まった宿から出発

 

出発する頃の空は雲が多く、雨が降りそうな天気だった。

 

最悪、雨天時でも走行可能だが、雷が強くて危険を伴うのでいつも雨宿りしている。足止めのような状態になってしまい、ここ数日は思うように走れていない。

 

昼の空

昼の空

2時ごろから雲が目立ってきた。

2時ごろから雲が目立ってきた。

 

昼頃までは良かったが、次第に雲が厚くなり始めた。

 

黒くて大きな雲が目立ち始めた。

黒くて大きな雲が目立ち始めた。

 

前方に大きくて黒い雲が現れた。

 

風が強くなり出して今にも雨が降りそうだった。

 

雨具の用意をした

雨具の用意をした

 

鞄から雨具を取り出して雨に備えた。

 

大きな雲の方へと走っていくと間もなく雨が降り始めた。次第にどしゃ降りの強い雨となって雷も強く鳴り始めた。…とその時だった。光と共に激しい音が鳴った。雷が近くで落ちた。こんな事が現実に起こるんだと思いながらも、これは危ないと急いで雨宿り先を探した。

 

どしゃ降りの雨

どしゃ降りの雨

 

屋根のある小さな家屋を発見。水たまりを避けつつ小屋へと避難した。

 

怪しい者じゃないことをアピールする為にhelp meなどと大声を発しながら来たのだが、返事もなく近くに誰もいない様子だった。自転車を屋根の下へと運び安心して雨宿りをしていた。……とその時だった。近くで笑い声が聞こえる。僕は周りを見渡したが、声の主が誰か分からなかった…。強い雨と雷だったので動画に撮ってみた。

 

 

しばらくキョロキョロと見渡していると、子供達が壁から顔を出していた。

 

おそらくここの住人の子供達だろうと思う。「ここで雨宿りしてもいいですか?」とジェスチャーで伝えると快く了承していただいた。雨が止むまで一緒にベンチに座っていた。英語は喋れない様子だった。おそらくスワヒリ語?言葉がお互いに分からないのでジェスチャーなどでコミュニケーションを取ろうとした。

 

雨宿りさせてくれた子供達

雨宿りさせてくれた子供達

 

子供達がフレンドリーなこともあって次第に打ち解けてきた。カメラで映像や写真を撮ったりすると珍しい物を見たかのように喜んでいた。その様子を見て僕も嬉しくなった。

 

1時間くらい雨宿りしていた。やっと雨が弱くなってきたが未だに雷が鳴り続いていた。これ以上、雨宿りを続けていると今度は目的地まで辿り着けないかもしれない。

 

雨宿りした家屋と子供達

雨宿りした家屋と子供達

ムピカからシワガンドゥまでの地図

ムピカからシワガンドゥまでの地図

 

雨宿りに付き合ってくれた子供達に感謝しながら再び走り始めた。当初は今日はもっと遠くまで走って野宿の予定だったが、雨の影響で変更した。30km先にシワガンドゥ村の宿を目的地として走ることにした。

 

その後も雷雨は続き、怖がりながら走った。道路脇は平原で大きな木もない。避雷針なんて無いだろう道を出来るだけ速いスピードで自転車を漕いだ。

 

シワガンドゥの町

シワガンドゥの町

シワガンドゥで泊まった宿

シワガンドゥで泊まった宿

 

シワガンドゥに着いた。1泊1600円のMutanga Lodge(地図)。

 

お腹が空いていたのでレストランへ。

 

停電のレストラン

停電のレストラン

レストランのキッチン。

レストランのキッチン。

 

停電していて真っ暗の店内。注文しようとすると「マトンとシマしかない」と言われてしまった。

 

マトンを初めて聞いた僕は、「マトンはどんなものですか?」と尋ねたところ「羊の肉」だと教えて貰った。シマはトウモロコシをお湯で練った料理。調理場も見せてくれた。キッチンの衛生状況も思っていたよりも綺麗だったのでシマとマトンのセットを頼んだ。

 

シマとマトンと付け合わせの野菜

シマとマトンと付け合わせの野菜

 

マトンは日本でも高級食材だが、出てきた肉は日本で食べた羊より固くて噛み切るのが大変だった。調理方法の問題かもしれないが臭みも強い。南米で食べたアルパカの肉にそっくりだった。

 

そしてオーナー様が日本企業で働いていたとのことで日本語が少し喋れる。

 

アンドリューさんと写真

アンドリューさんと写真

 

JICA(海外協力隊)の人にもお世話になったと言うアンドリューさん。

 

日本人はフレンドリーだったと日本に対して友好的だった。中古車を日本からプレゼントしてもらったと嬉しそうに話していた。その様子を見て僕も嬉しくなった。

 

羊の肉

羊の肉

 

マトンのスープはレバーまで入っていて驚いた。癖が強く若干残してしまった。付け合わせに野菜が付いているのだがこれが美味しかった。小松菜の佃煮に似た味。日本人でも違和感なく食べれる味付けだった。

 

シマと付け合わせの野菜を交互に食べると、まるで日本食を食べているかのような感覚だった。

 

シマと付け合わせの野菜

シマと付け合わせの野菜

 

食べ足りなかったので、もう一度シマと野菜のセットを注文した。

 

この時、初めて出来立てのシマを出してもらった。いつもシマを食べると美味しいとは思えなかったのだが出来立ては違った。お粥にそっくりな食感と風味が美味しい。付け合わせの野菜と共に赤いスープも付いてきた。これはおそらくサービスしてくれたものだと思うがチリトマトソースだった。

 

停電する部屋

停電する部屋

 

食事を終えて部屋に戻ると、やはり停電していた。

 

部屋に虫や蚊が多く、ベッドカバーを取ると虫の死骸があった。危なそうだったので今日も部屋にテントを張った。暗闇の中でシャワーを浴びたあと服を洗濯もした。その後、テントの中で横たわりながら地図を確認した。あとタンザニアまで292km。ビザは残り4日。なんとしてもビザが失効する前にタンザニアへ入りたい。明日も100km走る予定です。

 




世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。

コメントを残す

著者からのお願い




世界一周ランキングに参加してます。
上のボタンを1日1回クリックすると投票されます。

1位獲得した場合の企画も募集中です。
こちらのフォームから記入回答
よろしくお願いします。

せんまる自転車世界一周を応援したくなったら
フォローしよう

せんまる自転車世界一周の最新情報をお届けします

せんまる自転車世界一周をTwitterでフォローしよう