アルカトラズの日々

ケガが完治するまで、何泊かする事になった、ホステル「アルカトラズ」

アメリカのサンフランシスコにある監獄島アルカトラズと同じ名前のホステル
清潔で綺麗。

ドミトリー、一泊約1500円

WiFIの速度もはやい。

朝食付き。

ワカモーレ、ジャガイモにトウモロコシの粉を掛けてあげた物、ラーメンスープのような物をいただいた。
アボカドが好きなので、嬉しかった。
美味かった。
アットホームな雰囲気

夜は、ミシュランに唯一、登録されているメキシコの屋台へ

パストールと呼ばれる、複数の肉を一緒に焼いた物。

パストールのタコスとパストールのグリンガを注文。

グリンガはタコスにチーズを入れた食べ物。
美味しかった。
グリンガ1つ20ペソ、タコス1つ10ペソ。
さすが観光地価格、高い印象を受けた。
次の日は、このホステルに宿泊している日本人女性の料理を御馳走になった。

メキシコのベラクルス州に住んでいて、今回は一人旅でこちらに来たらしい。
オニオンライス

鶏肉と人参とジャガイモと香草のスープ

ライムを掛けて食べる。
非常に美味しかった。
メキシコ料理は、よくライムを掛ける事が多い。
メキシコでは「ライム」の事を「レモン」と発音する。
アルカトラズの庭に生えているレモンを収穫

レモネードを慣れた手つきで作っていただく。

アメリカで飲んだレモネードより、さっぱりとしていて爽やかだった。
これも美味かった。

次の日は、デリカミツと呼ばれる日本人経営の惣菜のお店

いくつかの惣菜を購入。

ひじきや甘辛く味付けされたものを、久々に食べる。
幸せだった。やっぱり日本食美味しい。

こんな感じで、ライブ配信や撮影をしながら、街中を散歩していた。
のどかで治安も良く、モダンな雰囲気の街、サンミゲルデアジェンデ。
歴史のある建物、オシャレな雑貨屋、絵画、ミュージック、博物館や美術館、と見る物が多かった。
さすが、世界的に芸術家が集う世界遺産の街。
もうちょっとここにいたいな~と思いながらも、出発。

アルカトラズの皆ともお別れ。
メキシコの首都、メキシコシティに向けて走り出しました。


 

3 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    美味しいですよね~p(^_^)q
    わたしは、大好きです。
    綺麗な街並みも、
    良いですね。
    娘は1993年に、旅し、親友の娘さんは
    日本語学校の教師で、行ってました。
    そんな関係で、馴染みがある国です。

  • SECRET: 0
    PASS:
    お疲れ様です!
    私は。ベラクルス出身の男性と知り合ったのがきっかけで、スペイン語もメキシコ料理も少しですが、勉強出来たし、良かったなぁと思ってますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です