水を求めて砂漠をすすむ…世界一過酷な道。

世界一過酷な砂漠の道、「宝石の道」が続く…
3泊目の野宿。(地図上だとこの辺り
補給ポイントの宿まで、あと10km。
今日こそは必ず補給ポイントの宿に到着しよう。
水がない危機的な状況にも関わらず、気持ちは落ち着いていた。
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
できるだけ早く出発したい。
まだ寒さが残る7:00から出発。

ペットボトルに残っていた水滴が固まって、氷になっていた。
少しでも水分がほしい。

…テントなどを片付けてから、氷を取り出そう。
朝の砂漠は風が弱いが、乾燥していて喉が渇く。
ウェットティッシュを口に入れて、テントを片付け始める。

朝日がまぶしい。
綺麗に思えて、周りの砂漠を見渡して見とれていた。

自分が置かれている状況を思い出す( ゚Д゚)

砂漠に自転車をたて、荷物をのせる。
ペットボトルの氷を、試行錯誤して取り出した。
冷たくておいしい。
喉がうるおったように思えた。
タイヤが砂に埋まった自転車を、少しづつ押し出す。


1時間後…
砂が深く溜まっていた場所から抜け出した。
それでも、まだ自転車で走れるような道でなかった。
水がないからか疲労感で一杯になりながらも、自転車を押し歩いた。

遠目に、車一台走っている道が見えた。
GoogleMapにも載っている道が見える。
あそこまでいけば、自転車で走れそうだった。


宝石の道の本道に合流して、1時間後…

補給ポイントの宿「Tayka de Desierto」に到着

砂漠のホテル、1泊1500円、朝食付き。

ディナー込みにすると約3500円。

温かい食べ物が食べたかったので、ディナー付きで宿泊することにした。

ホテルで購入した2ℓのペットボトルの水を一気に飲んだ。
水が美味しかった( ゚Д゚)
それから部屋にある生ぬるいシャワーを浴びた。
生ぬるさに耐えながら、石鹸とシャンプーで体中を洗った…(´Д`)
茶色になった水が流れていくのが、印象的だった…( ゚Д゚)

10時頃から宿のベッドで昼寝。
最高に気持ちよく寝れた(゚∀゚)

部屋の中から浴びる太陽が、温かく心地よかった。
夕方まで寝ていた( ゚Д゚)



起きてから、大量に買っておいたパンを食べながら、読書をした。
行儀が悪くて、すみません。
南米だと机がない部屋が多くて…。。。( ゚Д゚)
寝癖がいかにもだらしない(´Д`)
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

夜はディナーコースを食べた。
数種類の野菜が入ったオニオンスープ。
美味しい牛肉のステーキとマッシュポテト。
チョコケーキのデザート。
ビールも数本いただいた(゚∀゚)
ディナーには、ヨーロッパの観光客が多かった。
何人かと、お友達になりFBなどを交換。
夜はベッドに入っても、全然眠れなかった。
昼間にかなり寝ていたからだろう…( ゚Д゚)
時間があったので、読書をした。
「アルジャーノンに花束を」を完読し、気分よく目を閉じた。
眠るまで、すぐにでも自転車で走り出したい気持ちだった( ゚Д゚)
砂漠をさまよう間に、思い出した旅の記憶が、これからの旅を盛り上げてくれているかのよう。
夢の中でも、楽しい気分が続いていた。。
続く…
↓↓↓↓今日もポチ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1位を獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

    

ニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してるよー!
気軽にコメントしてねー!


 

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    せんまるさんのそのタフな精神がすごく羨ましすぎるぐらい。
    どんな困難があっても回避できるとこまでやってのけるのは素晴らしい。
    あとちょっとで、チリに入るのかな?

  • SECRET: 0
    PASS:
    砂漠と無人世界・・・でも、落ち着いてますね。
    宿に、到着出来て、温かいものを口に出来て
    ぐっすり、眠れて、体力回復できたのですね。
    アタカマでの再会の時の、元気の源でしたね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    せんまるくん、良かった水飲めて(⌒‐⌒)
    生ぬるいシャワーでも浴びるだけで疲れがとれるし!
    よく眠れた見たいで安心しました(笑)
    砂漠は凄いね!
    本当に誰も通らず、砂だけだけど、綺麗だった~(^○^)
    やっぱり、人が余り入らないからゴミもなくて、せんまるくんのお陰で勉強ができ、綺麗で素敵な砂のアートを見せてくれてありがとう♪
    これからも、無理せず気を付けて素敵な街並みを見せてね("⌒∇⌒")

  • SECRET: 0
    PASS:
    ハラハラ、ドキドキ、水がない状況に、こちらも喉がかわきました。パンがたくさんあっても水がなければ死んでしまいます。パンがなくても水だけで一週間以上生きていけます。あの過酷な環境での野宿は恐怖です。勇ましさに感動しました。勇ましさも命あってのこと。サバイバルには水が最も大切です。1に水分2に水分、3•4がなくて5に水分!

  • SECRET: 0
    PASS:
    ボリビアの高地を自転車で移動するハードな旅行記楽しく読んでいます、景色も素晴らしいです。ガンバって進んでください。
    ブエノスアイレス在住者

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です