山を越えて!

モンテレイから次の町サカテカスまで300kmほど、ほとんど何もない山道です。
武装集団に襲われて死ぬ可能性もあるので、バスを使って、サカテカスまで移動する事にしました。
バスを予約しにバスターミナル
バス会社ETN

580ペソでチケットを購入(約4,600円)

モンテレイを23:59分に出て、早朝にサカテカスに到着する夜行バスです。
自転車のような大きな荷物を運ぶ場合、別料金で500ペソ(約4,000円)かかりました。

ライブ配信をして時間をつぶした後、

まだまだ時間があったので、出発時刻の深夜までケンタッキーフライドチキンで待つ。

深夜のバスターミナル

空港みたいになっていました。
メキシコの交通手段は、バスが発達しています。
サカテカス行きのバス以外にも、たくさんのバスが駅に止まっていました。

きました、きましたETNのバス!

席は、2階の一番前に座りました。
席は広く、お手洗い、電化製品を充電するプラグがもあり快適でした。
寝る事なく、バスの中から道を確認。
やっぱり自転車で行かなくて良かった…。
道中はずっと山道で街が無い…。
ウトウトしていると、
世界遺産サカテカスに到着。

寒い…
寒いよ…
ここサカテカスは、高度2500mほどあります。
早朝の気温は約12℃、
Tシャツと半ズボンだったので非常に寒かったです。
カバンの中から、防寒具モンベルのMC.インシュレーションパンツを取り出す。
温かい・・・
冬の東京から愛知の旅で、良く使っていたズボンです。
暖かくなったところで、
意気揚々と自転車を組み立てて、荷物を確認していくと…


あれ…?
後ろの荷物を固定するネットがない…
どうやらスタッフが荷物を降ろす時に、ネットをなくしたみたいです。
んーーー自分でも確認しておけば良かった…。
荷物が多くて、運ぶのに精一杯でまったく中身を確認していなかった…。
早朝の5時にサカテカスに到着して、結局、昼の1時までバスのターミナルで待つ事になった。
無事にネットが帰ってきて、良かった。
メキシコでは、自転車用ネットが入手困難。
もし紛失した場合は、予備を持ってきているので、予備を使う予定だった。
ネットを装着して、世界遺産サカテカスへ

続く


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です