…………ブログ崩壊あるいは消滅した後。

ブログ消滅。

 

何をしても真っ白なブログに僕は焦った。もう元には戻らないのだろうか。旅をするようになって毎日写真の編集からやってきたブログ。気が動転していた。色々なサイトを参考にして修正していたが一向に変わらない。

 

もうダメかと思ったが、かろうじてブログ記事のデータだけ取り出すことに成功した。

 

 

記事以外の全データを消去。一度ブログを消去しないとバグでサイトを表示できない。日本時間6時頃にやっと記事データを基にサイト復旧に成功した。9時間以上を作業にあてていた。世界遺産ジローナを観光する予定だったが、結局ジローナのマクドナルド(住所)で一日を過ごしてしまった。

 

復旧したといっても、完全復旧したわけではなくハリボテ状態のブログになった。昔の記事を一つずつ手作業で直す必要がある。かなり時間の掛かる作業になりそうだ。

 

ブログ復旧に一段落ついた事もあり、深夜1時にジローナの旧市街(住所)に向かった。今日もこの街で野宿する事に決めた。深夜という事もあって歩いてる人はほとんどいない。

 

 

この日はキリスト教徒にとってクリスマスより大切なイースター復活祭。その祭りを観たかったがすでに終わっていた。ちょっと残念に思った。

 

 

夜のCathedral of Girona(住所)。誰もいない。生放送をして喋っているのだが、周りは本当に静かでやや恥ずかしくなった。もしも人が通ったら変質者に思われるのだろうか。

 

 

迷路のような道が続く。ふとお酒を飲みたくなった。この時間までやっているバーを2件見つけた。カップルだろうか壁に女の子を押しやってキスをする男を見た。日本では壁ドンというのだろうか。はなはだ羨ましい。こんな所では何もかもがお洒落に見える。

 

結局お酒は飲まなかった。店には若いカップルや男女グループしかいなかった。要するに1人で飲みたくなかった。一人に慣れているはずなのに。

 

 

度重なる争いの中で荒廃になったこともある。イスラム教徒の侵攻、フランス軍による占領。カスティーリャ地方にある小さな街ジローナ。旧市街には沢山のユダヤ人が住んでいて栄えていた歴史もあるが、ここでもホロコーストが行われユダヤ人は虐殺された。

 

ユダヤ人がいなくなった旧市街は保存状態が良く世界遺産に登録されている。2000年以上続く街。夜の街並みを写真に撮るだけなのだが楽しくて仕方なかった。僕が写真を撮る事が好きだからという理由もあるかもしれない。街頭に照らされた道は輝いて見えた。

 

 

夜の街を写真に収めて満足した僕はお腹を満たすため1件のバーに入った。こんな時間まで営業しているお店は珍しい。

 

 

お店に入って隣のおじさんと会話を楽んだ。このお店のオーナーさんらしい。スタッフに頼んで、ツーショットの写真を撮ってもらったのがブレていてブログに使えなかった。

 

 

ハムとチーズをバゲットに挟んだサンドイッチを購入。約260円。オーナーのオジサンとお別れした後、きのう野宿した場所へ向かいました。

 

 

ここは今日も静かでした。昼間のうちに確認した事ですが、テントを張った場所はHiltonが経営しているホテルと市民会館の建物の脇にある歩道です。テントの後ろはホテルのエレベーター室になっています。

 

2泊連続の宿泊は流石に誰かに見つかって怒られるかとハラハラしたのですが、この日もテントを張ることができました。

 

 

ジローナで綺麗な街並みに驚いてから2日間という短い滞在でしたが、またいつか来たい街になりました。

 

明日はダリ美術館のあるフィゲレス(住所)を目指して走ります。

 

上位目指してます!
↓↓↓↓クリックすると投票されます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1位獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

ニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してます!

 


 

10 件のコメント

  • 取り敢えずブログの復旧に目処が付いたようですね。安心しました!
    それにしても美しい街並みですね〜
    これからも安全な旅を続けてくださいませ。

  • 自転車スペック、テントメーカー、自炊器具などの携行品スペックなどの載っているページがあるのでしょうか?自転車スペックが気になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です