死者の日

おおお!
通常は車が走る道路が、閉鎖されて自転車用道路になってる!

地元の自転車乗り「ウェーい!」

メキシコシティ独立記念塔

自転車に乗る人々

大勢の人で賑わっていました。
今日は、メキシコの盛大な祝祭「死者の日」

いたる場所で、催し物がやっていました。
死者の日の象徴…頭がい骨とマリーゴールドの花。

死者の日は、日本のお盆ののような日で、日本とは対照的に明るく祝う日。
死を怖がるのではなく、おもしろおかしくして、あざ笑う意味もある。
ペジャス・アルティス宮殿
夜になると、がい骨やゾンビなどに仮装した人々が街中にあふれた。





仮装をして、自転車に乗る人も

夜のペジャス・アルティス宮殿

前日から深夜まで、空砲を打ち上げる、もの凄い音で、騒々しかった。
たまにリズミカルに打ち上げられるので、ドキッとする。
死者の日の人形

撮影や生放送を終えた後、Indioビールを飲んだ。

美味しかったー(^^)


 

1 個のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    お疲れ様です!
    私も。スペイン語の勉強をしてる時に、テキストで読みましたが、イベントの様子は白黒写真だったのでわかりませんでした。
    このブログで雰囲気がわかって、そういう感じなんだって改めて。勉強に。
    PS.メキシコといえば、イベントによってはピニャータを取り扱うことも・・・ありますよね(^○^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です