…………自転車、復活出来なかった。

自転車が故障した。リヤディレーラーが破損してしまった。これはギアを変則する装置だ。もうメキシコを走っている時から調子がおかしかった。南米を走り終えた今になって壊れた、良く持ち堪えたなという印象だった。

 

修理不可能なので、新しいリヤディレーラーを購入したかったのだが、復活祭という4日間続く祝日と重なってしまい自転車屋が休みだった。このフィゲレス(住所)にはフランス行きの電車(住所)やバスターミナル(住所)がある。フランスの最初の街まで電車かバスを使おうかと少し迷ったが、自転車で走ってフランスに行くのが楽しみで仕方なかった。

 

 

バスや電車、バイクや車で行くのは便利だと頭では解るのだが、自転車で旅をする方が楽しい。自身の気持ちを走り方に反映できる事に魅力を感じている。例えばストレスや悩みを抱えているのであれば、がむしゃらにペダルを漕ぐことで忘れられる。もうひとつ僕が自転車旅に魅力を感じる事がある。それはふと立ち止まって動物や虫の声などの環境音に耳をすまして、じっくりと景色をみて呼吸をする。そうすると生きている事を実感するからだろうか、いつも清々しい気分になる。そういった事に自転車旅の楽しみを感じている。

 

走れなくなった自転車を押して街を歩きました。今日はお金を節約しようと野宿する事に決めました。この辺りの宿の相場6000円と高い。

 

 

街にあるマクドナルドでバッテリーの充電をしようとしたがコンセントを見つけられなかった。電池が無ければ目的の生放送もできない。充電できるお店を探していた。1時間ほど街をウロウロとして良さそうなお店を見つけた。

 

自転車を外に置いておくのが怖かったのだが、店主さんのご厚意でお店の中に入れて貰えた。親切な対応に心が温かくなった。充電もさせて貰えた。野宿する深夜まで居座るつもりだった。節約する予定だったが、感謝を込めてお金をお店に使いたくなった。

 

ビールと鶏肉とポテトを注文した。

 

鶏肉は塩と胡椒と香辛料で味が付いていた。美味しさに心が熱くなった。昔の日本にいた僕は気付けなかった。スペインに入ってから味の多さに感動している。こうなったのも南米を長く旅していた事が大きいように思う。南米でも都会であれば別だが、田舎に出てくるような料理は味が少ない。味付けは塩もなく、ケチャップもない事が多い。よく食べたのは焼いた鶏やお湯で煮た鶏。

 

ビールを3杯おかわりした。長く居させてもらった事もあって、少額だがお金を出したかった。しばらくして閉店時間が迫ってきた。野宿する場所を探しにお店をでた。外の気温は5度以下といった所だろうか。寒さに耐えながら自転車を押して歩いた。

 

 

広めの公園を見つけた。道路を走る車からは丘になっていて公園の中が見えない。野宿するのに良い場所だと思った。公園の中にある照明が暗くなっているポイントにテントを張った。

 

3時に目が覚めた。公園の中を歩く人の足音がした。怖くなって急いでテントから顔を出した。足音の方へ目をやると170cmくらいの男だった。男は公園を通って道路の向こうの方まで歩いていった。警戒してずっと見ていた。

 

 

翌日は寝不足だった。何か起こった訳ではないが、いつでも飛び出せるようにと、警戒してしまいあまり寝れなかった。

 

 

壊れた自転車を直そうと修理屋へ行ったが営業していなかった。4日間続く復活祭(祝日)の最後の日。だが平日だ。平日の月曜日だという事もあって、もしかすると営業しているかもしれないという期待もあった。店の前で立ちすくんでいると、見かねたおじさんが「明日なら営業してるよ」と教えてくれた。

 

 

この日は昼間からマクドナルドで過ごす事にしました。神が復活したと言われる復活祭に合わせて、ブログが消滅して復活、自転車も故障から復活できるだろうか。

 

続く…………

 

上位目指してます!
↓↓↓↓クリックすると投票されます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1位獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

ニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してます!


 

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です