いきなり事件です……ガックリした。

フランス、イタリア、イスラエルを通ってエジプトなどの東アフリカ縦断へ走り出そうとしていたのだが、何気なく航空券を見ていると明日のフライトでモロッコ行き格安チケット(7000円)を見つける。ここから先へ進むとモロッコから遠ざかっていくばかりで航空券の値段も高くなる。折角なのでモロッコ行きを決め、すぐにチケットを購入した。

 

モロッコがある西アフリカは未だにエボラ出血熱や沢山の風土病があるとされている。西アフリカからではなく東アフリカからアフリカ大陸を縦断する予定で、モロッコへはアフリカ大陸の下見を兼ねて自転車と最低限の荷物を持っていく事にした。

 

 

荷物を宿泊したホステルに置いてもらおうとスタッフに頼むと快く承諾してくれた。だったのだが、出発の朝になると宿のマネージャーから荷物は預かれないと言われてしまう。もうフライトの時間が迫ってきている。「仕方ない、空港のロッカーに預けよう」と決めて、あらかじめ呼んでいたタクシーに自転車23Kgと荷物50~60kgをまとめて入れた。

 

 

空港に到着して大きな荷物を荷台に載せて歩いていると、チーターさんの付き人で舞台などにも出ていると言うおじさんに出会う。ブラジル出身の方です。日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、アラビア語、韓国語を喋れるとの事で驚きました。日本舞踊や茶道などもできるそうです。凄い。日本人より日本人らしいとよく言われるそうです。空港を一緒に歩いて、ロッカーのある場所まで案内してくださいました。頭が上がりません。

 

ここで事件です

 

 

ロッカーに大きめの鞄を4つ預けようとしました。値段を聞くと大きさ関係無しに鞄ひとつ10ユーロ(約1300円)。鞄4つ預けると、7日間で280ユーロ(約36000円)、14日の場合は約7万2000円。これは高い、マズイ。という事で荷物を一つにしようと自転車用の大きな鞄に全部入れた。鞄1つにして安くなった。しかし自転車用鞄が無いと自転車を飛行機で運べなくなる。

 

フライトの時間も迫ってきていた。仕方なく自転車も全て自転車用鞄に入れて預ける事にした。自転車はなくモロッコは普通の観光になってしまった。これには結構ガックリしてしまった。そのまま出国審査を受けて飛行機でモロッコへ。

 

 

初めてのイスラム国。モロッコに入国してタクシーでホステルへ向かおうとした。タクシーの運転手さんにホステルの地図を見せると「そのホステルなら知ってるよ。」と言ったので安心していたが、違うホステルに到着してしまった。「ここだろ?ここじゃないのか?」と言ってくる。何度地図を見ても違う場所だった。「俺が知ってるホステルはここだ。このホステルは何だ?」とジョークを言ってくる。仕方なく地図を見ながらタクシーを誘導した。「なんでそんなに地図を見れるんだ?」と聞いてきた。自転車で世界一周しているからというと、驚いた顔で「日本人やっぱりすごい!おかしい!!俺はTOYOTAやNISSANの車が大好きなんだ!!!日本をリスペクトしている!!!!!」

 

一番近い道で行ったが、街の中心に到着する頃には陽が暮れかけていた。お金を支払う際に「最初に行った分だけ余分にお金くれ」と冗談交じりに言ってきた。「案内したのは僕だから、悪いけどできない」と言うと納得してくれていた。

 

 

モロッコのマラケシュ(地図)という町にやってきた。車やバイクの交通量が多かった。タクシーから降りて脇の小さな道へ行くと、歩行者が多く賑わっているように見えた。異国だった。アメリカから南米には見られない街並み。民族衣装も面白い。これからこの国に数日間滞在できると思うと嬉しくてたまらなくなった。

 

 

 

↓↓↓↓ポチお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1位獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

ニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してます!

 


 

2 件のコメント

  • 久しぶりにブログに来てみるとついにヨーロッパなんですね!
    と思ったらモロッコに行くんですね^^
    走行予定を見る限り、ヨーロッパをしばらく走ってアフリカのようでしたので、
    そのうち行くことになる国になぜこのタイミングで行くの??と思ってしまいました笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です