博物館めぐり!

メキシコの国立人類学博物館に行ってきたよ。
広くて3日連続で訪れちゃったよ。入場料は約450円だったよ。
生放送や撮影もしたよ。ライブ配信 「おもいっきり世界一周!自転車一人旅」の様子
~~展示コーナーへ~~
発見された中で人類最古の骨(模型)

エチオピアで発見されたもので、ルーシーと名前が付いてる
ルーシーの模型

フランスにあるラスコー洞窟の壁画(レプリカ)

日本の教科書でも出てくる壁画

人骨

メキシコ人は昔からガイコツが好き。


メキシコにある古代遺跡から発掘されたものが、たくさん展示されていたよ

ここに展示されているのは、日本の土偶が作られた時代より、昔に作られたもの。

テオティワカンの遺跡Palacio de Quetzalpapalotlのレプリカ

さー?みたいな、昔からこのポーズあったのかな

楽しそうな表情

テオティワカンの月のピラミッドの前にあった、雨神チャルティトゥリクエ。

ライブ配信の視聴者さんからはゆるキャラだと言われていた。
たしかにゆるい表情だったよ。
うわー、蛇を首に巻き付けてるおっさんだ

魔人ブウみたいなのもいるー。

前の記事で紹介したトゥーラ遺跡のアトランティス像もいたよ

座ってる人

胸の中心がへこんでいる像

女の子と男の子かな、胸の真ん中あたりがへこんでいる。

すごい真顔、やっぱりへこみがあるね

儀式で生の心臓が置かれた像

この上に取り出してすぐの心臓が置かれていた

おそろしい、胸の真ん中に穴が開いてる像もこの儀式に使われていたんだろうなーと想像、生贄達の即身仏の像だったとも考えられる
こわいなー
少女の像

うわー手が変なところにある、、、生贄に捧げられたのかな
怖すぎる
この博物館で一番の見どころ、太陽暦(アステカ帝国)

ゥキッ!

昔のお金ではなく、マヤ時代、球技場の壁に取り付けられた命を賭けた球技のゴールだそうです。

誰かの漫画にでてきそうな顔の像

大事なところが隠れた像

隠してない像

生贄の心臓を置く像は、カメラ目線で、お腹にお皿を置いている。お決まりのポーズ

動きのある像

ガイコツ

マスク

メキシコはプロレスの発祥地としても有名。プロレスラーがマスクを被るのはこの辺りがルーツ。

アントニオ猪木さんはタバスコを日本に輸入して、大儲けしたそうだ。
オルメカ遺跡の像、巨大な石。

たぶん古くなったからボコボコしているんだけど、生放送の視聴者さんからはニキビ跡の像といわれていた。
そうなのかもしれない。
怖い表情の像、非常に大きくて威圧感があったよ。

当時の武器

金でできたアクセサリー


細かい細工のアクセサリー

この後、スペイン帝国に支配されて、金銀や高価な物は、ほぼ全て奪われてしまう。
この博物館にも金銀などの装飾品の展示は少なかった。
当時の人達にとっては、悲してくて痛ましい事だったと思う。
石で出来た物は、スペインでは価値が無かったため、残った。
もちろん儀式は禁止され、スペインの思惑通り、宗教もカトリックに改宗されていったよ。

以下は、その他の写真
へび

座ったおっさん

小さい像

子供の像

ガイコツ

おばはん?

何かの神かな






↓↓↓↓今日もポチ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1位を獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

    

ニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してるよー!
気軽にコメントしてねー!


 

1 個のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    いつもブログとニコ生で楽しく拝見させていただいています。当たり前ですがやはり日本とは違いすべてが独特ですね。でも高橋さんのブログ上での土偶を見た時の発想は今どきでとてもわかりやすいですw次回のブログも楽しみにしています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です