1人だったのに……………3人でゴミ拾い!!!!

今年やりたい事だったゴミ拾い!

 

各地でゴミ拾いをする理由を書いた記事はこちら

 

ウユニで出会ったケイスケとシオリと一緒にゴミ拾いしました。

 

もともと一人でゴミ拾いをする予定でしたが、雑談の合間に僕が「今日はゴミ拾いしてくる。」というと、僕も!私も!と声を上げてくださいました。

 

そんな事になるなんて思ってもいなくて嬉しかったです!

 

 

街を歩きながらゴミ拾いをしていると、たくさんの現地の方に話しかけられました。

 

みんなゴミ拾いに関して、快く思っていただけているようでした。

 

中にはコインをくださったり、時にはボリビアTVの取材も受けました。

 

 

ゴミ拾いがこういう形になるのも嬉しいけど、何よりも自分たちの力でゴミが片付けられていく事に嬉しさを感じました。

 

本当に小さい事かもしれない。一人の力じゃ無意味かもしれないけど少しでもやりたい。そこから始まったゴミ拾い、これからも各地でやっていきたいと思いました。

 

取材では「なぜゴミ拾いをするのか?」と聞かれたので、僕は「WE CAN CLEAN!!!」と答えました。スペイン語がわからなくて、とっさに言った言葉でしたが、記者はそれを聞くと笑顔になって納得した様子でした。

 

 

周りを見渡すと、まだ街にはたくさんのゴミが落ちていました。僕がやっている事は小さい。それでも一人が「掃除をしたい」と思うことで、こうやって周りを巻き込んでいける、そんな可能性も感じました。

 

旅の中でゴミ拾いをする事は、なかなかできる事ではないと思います。自ら「ゴミ拾い、やりたい」と声をあげてくれた二人に感謝です。もちろん一人でやりきる予定でしたが、一人だったらもっとゴミを拾えなかったかもしれない。

 

このゴミ拾いで感じたことは、僕の人生の中に役立つことがあるんじゃないかと思います。これからも続けたい活動になりました!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1位獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

ニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してます!


 

3 件のコメント

  • ゴミ拾い。とても素晴らしいですね。
    旅先の景色を見て得れた感動や受けた恩に対して何かしら還元したいという気持ちを持つ人はそれなりにいるけど、それを行動に起こせる人はなかなかいないと思います。
    それに、一見地味に見えるゴミ拾いなんかが、実は地元の人にすごく喜ばれることだったりして、
    本当に素晴らしい行いだなあと。
    お三方共に、ほんと素敵です。

  • ごみ拾い。アルゼンチンは残念ながらゴミを捨てる文化しかないようです、どこに行ってもゴミだらけ、ゴミを拾う、捨てないようにできないかなあ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です