木綿工場で………キャンプファイヤー!!

雨がやんだ後、しばらく走って、スナイダー(地図)という街に到着。

 

通りがかりの村人Karlさんと出会う。

 

彼は、自転車とキャンプが好きだそうです。

 

o0800053313042048546.jpg
o0800053313042045626.jpg

 

彼が言うには、夜にスナイダーの街を走るのは、危険らしい。

 

話の流れで、彼の広大な工場に、泊めていただく事になりました。

 

木を切り、キャンプファイヤーもしていただきました。

 

o0800053313042045623.jpg

 

その様子をライブ配信しました!

 

ソーセージを焼き、トルティーヤに包んで、ホットドッグにして、何本か御馳走になりました!

 

スイカもいただきました!

 

o0800053313042045622.jpg

 

美味しかったです!

 

本当にありがとうございます!

 

Karlさんは、51才で木綿の工場を営んでいます。

 

o0800053313042045625.jpg o0800053313042045624.jpg

 

工場にキャンプを張って、もう6年くらい住んでいるそうです。

 

(工場にシャワーと風呂もありました!)

 

家族も飼っていた犬も死んでしまって、猫と一緒に暮らしていました。

 

少し変わっている面もあるけど、ワイルドで頼もしい兄貴的な印象でした!

 

o0800053313042048547.jpg

 

ゆっくり休んで疲れが取れました!

 

Karlさんとお別れして、アビリーン(地図)という少し大きな街に向かって走り出しました!

 

上位目指してます!
↓↓↓↓クリックすると投票されます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
1位獲得した場合の企画を募集中!
こちらのフォームから記入解答

ツイキャスニコ生YouTubeでライブ配信(生放送)してます!


 

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    この方との、出会いも、見ました。
    いつでも、センマルさんには、救いの手が
    差し伸べられる!
    不思議な方ですね。
    そんなに、英語出来ないのに、度胸が、
    座ってるからかな?
    段々、スリリングで、ワイルドな世界に
    引きづり込まれてます。
    キャンプファイヤーの囲炉裏のような場所
    我が家の庭にも、欲しいと思いましたが
    立て込んだ、住宅地では、はた迷惑!
    あれだけの、広さあっての、実現ですね。
    広野に、陽が落ちて行く時間に、人恋し
    かったのかな?
    センマルさんが、居てくれて、彼はきっと、すごく嬉しかったに、違いありませんね(^o^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です